シェルスクリプトマガジン

test

レッドハットのプロダクト(Vol.70記載)

投稿日:2021.01.25 | カテゴリー: コード

著者:森和哉

近年、ビジネスのさまざまな分野において、業務の熟練者の高齢化と、後継者不足が深刻化しています。中でも、「計画策定」業務は、豊富な経験や特殊なスキルが必要とされることから、特に属人化が進行しています。「Red Hat Business Optimizer」は、そのような企業の計画策定業務を標準化し、より効率的な計画の立案を可能にします。

シェルスクリプトマガジン Vol.70は以下のリンク先でご購入できます。

図8 制約条件「すべてのシフトに従業員が割り当てられていること」のコード

■employeeRosteringScoreRules.drl

■RosterConstraintConfiguration.java

図9 制約条件「従業員が勤務を希望している時間帯へのシフトの割り当て」のコード

■employeeRosteringScoreRules.drl

■RosterConstraintConfiguration.java

バーティカルバーの極意(Vol.70掲載)

投稿日:2021.01.25 | カテゴリー: コード

著者:飯尾淳

コロナ禍の影響を受けて、2020年度は大学の講義の多くがオンライン講義になりました。対面での講義に比べると、情報伝達の面でオンライン講義はかなり不利です。また、受講状況がどうだったかについても気になります。最終回となる今回は、久しぶりに棒グラフが登場します。棒グラフで、講義コンテンツがいつ視聴されたのかを可視化します。

シェルスクリプトマガジン Vol.70は以下のリンク先でご購入できます。

図4 未読率を計算するRubyスクリプト「midoku.rb」

図7 視聴率の総計を計算するRubyスクリプト「hours.rb」

香川大学SLPからお届け!(Vol.70掲載)

投稿日:2021.01.25 | カテゴリー: コード

著者:高嶋真輝

 今回は、本物に限りなく近いデータを生成できる「敵対的生成ネットワーク」(Generative Adversarial Networks)という機械学習の技術と、「Fashion-MNIST」という服飾画像のデータセットを用いて、靴の画像生成に挑戦します。

シェルスクリプトマガジン Vol.70は以下のリンク先でご購入できます。

図3 各種ライブラリをインポートするためのコード

図4 モデルの入力次元を設定するためのコード

図5 生成器のモデルを構築する関数を定義するためのコード

図9 生成器のモデルを構築する関数を定義するためのコード

図11 GANのシステムモデルを構築する関数を定義するためのコード

図12 学習モデルをコンパイルするためのコード

図13 損失などのデータを格納する変数を定義するためのコード

図14 学習用データを準備するためのコード

図15 学習処理用の関数を定義するコード

図16 画像の表示と保存をする関数を定義するコード

シェルスクリプトの書き方入門(Vol.70記載)

投稿日:2021.01.25 | カテゴリー: コード

著者:大津真

本連載ではシェルスクリプトの書き方をやさしく紹介します。対象とするシェルは、多くのLinuxディストリビューションが標準シェルとして採用する「Bash」です。最終回となる今回は、関数について解説します。

シェルスクリプトマガジン Vol.70は以下のリンク先でご購入できます。

図1 シェルスクリプト「hello1.sh」の内容

図2 シェルスクリプト「param_test1.sh」の内容

図3 シェルスクリプト「scope1.sh」の内容

図4 シェルスクリプト「file_test1.sh」の内容

図5 ライブラリファイル「my_lib.sh」の内容

図6 シェルスクリプト「file_test2.sh」の内容

図7 シェルスクリプト「sum_test1.sh」の内容

図8 シェルスクリプト「test1.sh」の内容

Webアプリケーションの正しい作り方(Vol.70記載)

投稿日:2021.01.25 | カテゴリー: コード

著者:しょっさん

ソフトウエアを正しく作るために、エンジニアたちはどんなことを知らなければならないでしょうか。実際のコードを使って、より良くしていくためのステップを考えてみましょう。最終回は、本番環境として恥ずかしくないシステムをリリースする方法を解説します。

シェルスクリプトマガジン Vol.70は以下のリンク先でご購入できます。

図3 最終的に実装された各レイヤーのソースコード

■「src/api/expense.ts」の経費精算部分

■「src/interfaces/expenseController.ts」の経費精算部分

■「src/adapters/ExpenseRepository.ts」の経費精算部分

図5 アクセス認可を制御する方法

■ロールによって実行するモデル操作を変更する

■経費精算テーブルにアクセス認可用の「role」カラムを追加してアクセス認可させる

Vol.70 補足情報

投稿日:2021.01.25 | カテゴリー: コード

訂正・補足情報はありません。
情報は随時更新致します。

シェルスクリプトマガジンvol.70 Web掲載記事まとめ

投稿日:2021.01.25 | カテゴリー: コード

004 レポート RHEL互換OSのCentOS終了
005 NEWS FLASH
008 特集1 第4世代Ryzenプロセッサ/麻生二郎
014 特集2 FIDO2の最新動向/五味秀仁、板倉景子 コード掲載
026 特別企画 Forguncyを使ってみよう/須山亜紀
040 Raspberry Piを100%活用しよう/米田聡 コード掲載
044 レッドハットのプロダクト/森和哉 コード掲載
054 MySQLのチューニング/稲垣大助
059 バーティカルバーの極意/飯尾淳 コード掲載
064 CI/CD/桑原滝弥、イケヤシロウ
066 中小企業手作りIT化奮戦記/菅雄一
070 法林浩之のFIGHTING TALKS/法林浩之
072 香川大学SLPからお届け!/高嶋真輝 コード掲載
082 円滑コミュニケーションが世界を救う!/濱口誠一
084 Webアプリの正しい作り方/しょっさん コード掲載
096 シェルスクリプトの書き方入門/大津真 コード掲載
102 Techパズル/gori.sh
104 コラム「ユニケージとその将来」/シェル魔人

特集2 FIDO2の最新動向(Vol.70記載)

投稿日:2021.01.25 | カテゴリー: コード

著者:五味秀仁、板倉景子

パスワード課題の解決に注力する業界団体FIDO(ファイド)アライアンスは、
フィッシング攻撃に耐性のある、シンプルで堅牢な認証の展開を推進してい
ます。その新しい仕様「FIDO2」は、標準化団体W3Cで策定されるWeb認証仕
様「WebAuthn」(ウェブオースン)を包含し、さらにAndroidとWindowsに加えて、iOSやmacOSにも対応するなど、プラットフォーム拡大を進めています。本特集では、FIDO2の概要や仕組み、最新動向について解説します。

シェルスクリプトマガジン Vol.70は以下のリンク先でご購入できます。

図8 publicKeyデータの例

図9 認証器に登録要求を出すJavaScriptプログラムの例

図10 PublicKeyCredentialデータの例

図11 attestationObject項目に設定される情報の例

図12 clientDataJSON項目に設定される情報の例

図14 publicKeyデータの例

図15 認証器に認証要求を出すJavaScriptプログラムの例

図16 PublicKeyCredentialデータの例

Raspberry Piを100%活用しよう(Vol.70掲載)

投稿日:2021.01.25 | カテゴリー: コード

著者:米田聡

小型コンピュータボード「Raspberry Pi」(ラズパイ)向けにさまざまな拡張ボードが発売されています。その拡張ボードとラズパイを組み合わせれば、ラズパイでいろいろなことが簡単に試せます。第3回は、電源断でもラズパイを正常終了するための拡張基板を扱います。

シェルスクリプトマガジン Vol.70は以下のリンク先でご購入できます。

図3 ADRSZUPコマンドのソースコード(ADRSZUP.c)

図4 /etc/systemd/system/adrszup.serviceファイルの内容

Jetson & Pi 電力測定ボードの販売開始

投稿日:2021.01.20 | カテゴリー: コード
Jetson Nano & Pi 電力測定ボード

 シェルスクリプトマガジン Vol.69(2020年12月号)の特集1で扱った、Jetson Nano 開発キットとRaspberry Piの両方で利用できる拡張基板「Jetson Nano & Pi 電力測定ボード」の販売を、自社サイトでも開始いたしました。特別価格の4540円(別途送料360円)で購入できます。
 Jetson Nano & Pi 電力測定ボードは、デジタル電流・電圧・電力計モジュール「INA260」と単色有機ELディスプレイ「SSD1306」(OLEDモジュール)を搭載しています。INA260で、Jetson Nano 開発キットやRaspberry Piの消費電力をリアルタイムに測定できます。そして、SSD1306にはさまざまな情報を表示可能です。

単色有機ELディスプレイ「SSD1306」

 Jetson Nano & Pi 電力測定ボードを購入して、Jetson Nano 開発キットとRaspberry Piを便利に使いましょう。

購入ページはこちらです。

Raspberry Piを100%活用しよう(Vol.69掲載)

投稿日:2020.11.25 | カテゴリー: コード

著者:米田 聡

小型コンピュータボード「Raspberry Pi」(ラズパイ)向けにさまざまな拡張ボードが発売されています。その拡張ボードとラズパイを組み合わせれば、ラズパイでいろいろなことが簡単に試せます。第2回は、赤外線信号の受信が可能な拡張基板を扱います。

シェルスクリプトマガジン Vol.69は以下のリンク先でご購入できます。

図3 /boot/config.txtファイルの末尾に追加する2行

図4 /etc/lirc/lirc_options.confファイルの変更箇所

レッドハットのプロダクト(Vol.69記載)

投稿日:2020.11.25 | カテゴリー: コード

著者:伊藤 智博

最近は昔と比べ、ビジネス要件のレベルが高くなりました。この要件を実現するためさまざまな技術が新たに誕生していますが、それらの技術を開発者が組み合わせて使用するのは非常に困難です。第5回では、これらの技術を組み合わせて高いレベルの要件を簡単に実現するJavaフレームワークの「Quarkus」を紹介します。

シェルスクリプトマガジン Vol.69は以下のリンク先でご購入できます。

図7 「quarkus-getting-started/src/main/java/sample/GreetingResource.java」ファイルの内容

バーティカルバーの極意(Vol.69掲載)

投稿日:2020.11.25 | カテゴリー: コード

著者:飯尾 淳

Twitterのトレンドを分析に関する解説の最終回です。これまで、TwitterのトレンドAPIを叩いてトレンドを集め、Twitter Standard search APIでトレンドに関するツイートを収集、そのデータに基づいてトレンドの構造を分析する手法を紹介しました。今回は、その日の主要なトピックは何だったかを可視化する方法を解説します。

シェルスクリプトマガジン Vol.69は以下のリンク先でご購入できます。

図7 JSONデータを得るスクリプト(get_data.py)

図9 コサイン類似度を計算するスクリプト(calc_cos_sim.py)

図11 dotスクリプトを作成するスクリプト(mk_net.rb)

香川大学SLPからお届け!(Vol.69掲載)

投稿日:2020.11.25 | カテゴリー: コード

著者:石塚 美伶

今回は、音楽の「耳コピ」を支援する音源可視化ツールをPythonで制作する方法について紹介します。制作するツールは、WAVファイルを読み取って音を判別し、その音をピアノの鍵盤で示すGIFアニメーションを生成します。

シェルスクリプトマガジン Vol.69は以下のリンク先でご購入できます。

図4 「main.py」ファイルに記述する内容(その1)

図5 「main.py」ファイルに記述する内容(その2)

図6 「main.py」ファイルに記述する内容(その3)

図8 「main.py」ファイルに記述する内容(その4)

図9 「main.py」ファイルに記述する内容(その5)

中小企業手作りIT化奮戦記(Vol.69掲載)

投稿日:2020.11.25 | カテゴリー: コード

著者:菅 雄一

 2000年にLinuxサーバーを導入して以来、筆者は、主に費用面での手軽さからOSS(オープンソースソフトウエア)を活用したシステム構築に取り組んできた。だが、2020年になってWindowsサーバーに初めて触れることになった。勤務先の会社が、バッファローの「TeraStation」という法人向けのNAS(Network Attached Storage)製品を購入し、そのOSがWindowsサーバーだったからだ。今回は、そのWindowsサーバー搭載のNAS製品を設定した話を書く。

シェルスクリプトマガジン Vol.69は以下のリンク先でご購入できます。

図3 Sambaの設定ファイル(smb.conf)の記述例

シェルスクリプトの書き方入門(Vol.69記載)

投稿日:2020.11.25 | カテゴリー: コード

筆者:大津 真

本連載ではシェルスクリプトの書き方をやさしく紹介します。対象とするシェルは、多くのLinuxディストリビューションが標準シェルとして採用する「Bash」です。第5回は、複数の文字列を柔軟なパターンで指定できる正規表現の基礎について解説します。

シェルスクリプトマガジン Vol.69は以下のリンク先でご購入できます。

図2 シェルスクリプト「pref1.sh」の内容

図3 シェルスクリプト「whileRead1.sh」の内容

図4 シェルスクリプト「whileRead2.sh」の内容

図5 シェルスクリプト「tokyo.sh」の内容

図6 シェルスクリプト「addpref.sh」の内容

Vol.69 補足情報

投稿日:2020.11.25 | カテゴリー: コード

Techパズル

p.92の問題①は、

ではなく、

です。お詫びして訂正いたします。
※ PDF版とKindle版では訂正を反映する予定です。

情報は随時更新致します。

シェルスクリプトマガジンvol.69 Web掲載記事まとめ

投稿日:2020.11.25 | カテゴリー: コード

004 レポート MacのApple M1
005 レポート セキュリティゲーム「TERMINAL」
006 NEWS FLASH
008 特集1 Jetson & Pi 電力測定ボードの使い方/北崎恵凡 コード掲載
026 特集2 1日で理解するGoプログラミング/KinoCode、ハリー コード掲載
036 特別企画 Redmineで始めるプロジェクト管理/前田剛
048 Raspberry Piを100%活用しよう/米田聡 コード掲載
051 Hello Nogyo!
052 レッドハットのプロダクト/伊藤智博 コード掲載
062 Docker/桑原滝弥、イケヤシロウ
064 バーティカルバーの極意/飯尾淳 コード掲載
070 法林浩之のFIGHTING TALKS/法林浩之
072 香川大学SLPからお届け!/石塚美伶 コード掲載
076 円滑コミュニケーションが世界を救う!/濱口誠一
078 中小企業手作りIT化奮戦記/菅雄一 コード掲載
084 シェルスクリプトの書き方入門/大津真 コード掲載
092 Techパズル/gori.sh
094 コラム「長続きの秘訣」/シェル魔人

特集1 Jetson & Pi 電力測定ボードの使い方(Vol.69記載)

投稿日:2020.11.25 | カテゴリー: コード

著者:北崎 恵凡

ユーザーコミュニティ「Jetson Japan User Group」のメンバーである筆者が設計した、小型コンピュータボードの「Jetson Nano」と「Raspberry Pi」で共通に使える拡張基板「Jetson & Pi 電力測定ボード」をシェルスクリプトマガジンオリジナルとして作成しました。本特集では、このJetson & Pi電力測定ボードの使い方を紹介します。

シェルスクリプトマガジン Vol.69は以下のリンク先でご購入できます。

Part1 Jetson & Pi 電力測定ボードを動かす

図7 電源電圧を表示するサンプルプログラム「ina260.py」のソースコード

図9 ina260_adafruit.pyのソースコード

図12 ina260_plot.pyのソースコード

図14 ssd1306_stats.pyのソースコード

図19 ina260_oled.pyのソースコード

図21 ssd1306_jp_font.pyのソースコード

図28 imagenet-console_oled.pyのソースコード

図32 imagenet-camera_oled.pyのソースコード

特集2 1日で理解するGoプログラミング(Vol.69記載)

投稿日:2020.11.25 | カテゴリー: コード

著者:KinoCode、ハリー

「エンジニアが次に学びたい言語」のランキングでたびたび上位にランクインしているGo言語。本特集では、Goの特徴やプログラミングについての概要を、1日で学習できるようにコンパクトに解説します。この機会にぜひGoを学んでみてください。

シェルスクリプトマガジン Vol.69は以下のリンク先でご購入できます。

図13 挨拶文を表示するサンプルプログラム「greeting.go」のコード

Raspberry Piを100%活用しよう(Vol.68掲載)

投稿日:2020.09.25 | カテゴリー: コード

著者:米田 聡

小型コンピュータボード「Raspberry Pi」(ラズパイ)向けにさまざまな拡張ボードが発売されています。その拡張ボードとラズパイを組み合わせれば、ラズパイでいろいろなことが簡単に試せます。第1回は、電子ペーパーディスプレイ搭載の拡張基板を扱います。

シェルスクリプトマガジン Vol.68は以下のリンク先でご購入できます。

図3 電子ペーパーディスプレイに文字を表示するサンプルプログラム(text.py)

図5 電子ペーパーディスプレイに画像を表示するサンプルプログラム(logo.py)

レッドハットのプロダクト(Vol.68記載)

投稿日:2020.09.25 | カテゴリー: コード

著者:小杉 研太

前回(第3回)に引き続き、アプリやデータの連携を実現するためのミドルウエア製品「Red Hat Integration」を紹介します。第4回はRed Hat Integrationに含まれる「Red Hat AMQ」と「Red Hat Fuse」のアップストリームとなる「Strimzi」と「Apache Camel」について触れます。

シェルスクリプトマガジン Vol.68は以下のリンク先でご購入できます。

図17 KafkaとSlackを統合できるコード

香川大学SLPからお届け!(Vol.68掲載)

投稿日:2020.09.25 | カテゴリー: コード

著者:山下 賢治

初めまして。香川大学 工学研究科 修士1年の山下賢治です。今回は、JavaScriptライブラリ「React」と、API向けのクエリー言語「GraphQL」を用いて、GitHubで公開されているリポジトリの検索Webアプリケーションを作成します。リポジトリの絞り込みには、開発言語とスター数を利用します。

シェルスクリプトマガジン Vol.68は以下のリンク先でご購入できます。

図3 「src/auth.js」ファイルに記述する内容

図4 「src/index.js」ファイルに記述する内容

図5 「src/graphql/index.js」ファイルに記述する内容

図6 「src/components/RepoInfo.jsx」ファイルに記述する内容

図9 変更後の「src/components/RepoInfo.jsx」ファイルの内容

Webアプリケーションの正しい作り方(Vol.68記載)

投稿日:2020.09.25 | カテゴリー: コード

著者:しょっさん

ソフトウエアを正しく作るために、エンジニアたちはどんなことを知らなければならないでしょうか。実際のコードを使って、より良くしていくためのステップを考えてみましょう。第8回は、第1回で述べた「クリーンアーキテクチャ」に習って、ロジックと、フレームワークやライブラリ、その他の処理を分離します。

シェルスクリプトマガジン Vol.68は以下のリンク先でご購入できます。

図1 経費精算申請を処理しているコード

図3 「User Entity」オブジェクト

図5 「common/index.ts」ファイル

図6 「domains/expenseEntity.ts」ファイル

図7 「usecases/SubmitExpense.ts」ファイル

図8 「usecases/IExpenseRepository.ts」ファイル

図9 「interfaces/ExpenseController.ts」ファイル

図10 「interfaces/ExpenseRepository.ts」ファイル

図11 「expense.ts」ファイル

図13 「index.ts」ファイル

バーティカルバーの極意(Vol.68掲載)

投稿日:2020.09.25 | カテゴリー: コード

著者:飯尾 淳

Twitterのトレンド分析に関する解説も、とうとう3回目に突入しました。今回は、共起ネットワークグラフの描画処理について説明します。描画にはD3.jsというグラフ描画フレームワークを使います。この描画処理では、データの受け渡し方法にちょっとした工夫をしており、それについても解説します。

シェルスクリプトマガジン Vol.68は以下のリンク先でご購入できます。

図2 トレンド表示画面を構成するビューのソースコード

図5 サーバー側の処理をするRailsのコントローラのコード

図6 クライアント側の処理をするコード