シェルスクリプトマガジン

test

Raspberry Piを100%活用しよう(Vol.68掲載)

投稿日:2020.09.25 | カテゴリー: コード

著者:米田 聡

小型コンピュータボード「Raspberry Pi」(ラズパイ)向けにさまざまな拡張ボードが発売されています。その拡張ボードとラズパイを組み合わせれば、ラズパイでいろいろなことが簡単に試せます。第1回は、電子ペーパーディスプレイ搭載の拡張基板を扱います。

シェルスクリプトマガジン Vol.68は以下のリンク先でご購入できます。

図3 電子ペーパーディスプレイに文字を表示するサンプルプログラム(text.py)

図5 電子ペーパーディスプレイに画像を表示するサンプルプログラム(logo.py)

レッドハットのプロダクト(Vol.68記載)

投稿日:2020.09.25 | カテゴリー: コード

著者:小杉 研太

前回(第3回)に引き続き、アプリやデータの連携を実現するためのミドルウエア製品「Red Hat Integration」を紹介します。第4回はRed Hat Integrationに含まれる「Red Hat AMQ」と「Red Hat Fuse」のアップストリームとなる「Strimzi」と「Apache Camel」について触れます。

シェルスクリプトマガジン Vol.68は以下のリンク先でご購入できます。

図17 KafkaとSlackを統合できるコード

香川大学SLPからお届け!(Vol.68掲載)

投稿日:2020.09.25 | カテゴリー: コード

著者:山下 賢治

初めまして。香川大学 工学研究科 修士1年の山下賢治です。今回は、JavaScriptライブラリ「React」と、API向けのクエリー言語「GraphQL」を用いて、GitHubで公開されているリポジトリの検索Webアプリケーションを作成します。リポジトリの絞り込みには、開発言語とスター数を利用します。

シェルスクリプトマガジン Vol.68は以下のリンク先でご購入できます。

図3 「src/auth.js」ファイルに記述する内容

図4 「src/index.js」ファイルに記述する内容

図5 「src/graphql/index.js」ファイルに記述する内容

図6 「src/components/RepoInfo.jsx」ファイルに記述する内容

図9 変更後の「src/components/RepoInfo.jsx」ファイルの内容

Webアプリケーションの正しい作り方(Vol.68記載)

投稿日:2020.09.25 | カテゴリー: コード

著者:しょっさん

ソフトウエアを正しく作るために、エンジニアたちはどんなことを知らなければならないでしょうか。実際のコードを使って、より良くしていくためのステップを考えてみましょう。第8回は、第1回で述べた「クリーンアーキテクチャ」に習って、ロジックと、フレームワークやライブラリ、その他の処理を分離します。

シェルスクリプトマガジン Vol.68は以下のリンク先でご購入できます。

図1 経費精算申請を処理しているコード

図3 「User Entity」オブジェクト

図5 「common/index.ts」ファイル

図6 「domains/expenseEntity.ts」ファイル

図7 「usecases/SubmitExpense.ts」ファイル

図8 「usecases/IExpenseRepository.ts」ファイル

図9 「interfaces/ExpenseController.ts」ファイル

図10 「interfaces/ExpenseRepository.ts」ファイル

図11 「expense.ts」ファイル

図13 「index.ts」ファイル

バーティカルバーの極意(Vol.68掲載)

投稿日:2020.09.25 | カテゴリー: コード

著者:飯尾 淳

Twitterのトレンド分析に関する解説も、とうとう3回目に突入しました。今回は、共起ネットワークグラフの描画処理について説明します。描画にはD3.jsというグラフ描画フレームワークを使います。この描画処理では、データの受け渡し方法にちょっとした工夫をしており、それについても解説します。

シェルスクリプトマガジン Vol.68は以下のリンク先でご購入できます。

図2 トレンド表示画面を構成するビューのソースコード

図5 サーバー側の処理をするRailsのコントローラのコード

図6 クライアント側の処理をするコード

シェルスクリプトの書き方入門(Vol.68記載)

投稿日:2020.09.25 | カテゴリー: コード

著者:大津 真

本連載ではシェルスクリプトの書き方をやさしく紹介します。対象とするシェルは、多くのLinuxディストリビューションが標準シェルとして採用する「Bash」です。第4回は、繰り返し処理を実現する制御構造を中心に解説します。

シェルスクリプトマガジン Vol.68は以下のリンク先でご購入できます。

図1 リストにある果物名を一つずつ表示するシェルスクリプトの例

図2 シェルスクリプト「showArgs1.sh」の内容

図3 シェルスクリプト「showArgs2.sh」の内容

図4 シェルスクリプト「showArgs3.sh」の内容

図5 シェルスクリプト「colon_to_comma2.sh」の内容

図6 シェルスクリプト「colon_to_comma3.sh」の内容

図7 シェルスクリプト「hello10.sh」の内容

図8 シェルスクリプト「case1.sh」の内容

図9 シェルスクリプト「case2.sh」の内容

図10 シェルスクリプト「pat1.sh」の内容

図11 シェルスクリプト「cgExt1.sh」の内容

図12 シェルスクリプト「while1.sh」の内容

図13 シェルスクリプト「while2.sh」の内容

図14 シェルスクリプト「cgExt2.sh」の内容

Vol.68 補足情報

投稿日:2020.09.25 | カテゴリー: コード

訂正・補足情報はありません。
情報は随時更新致します。

シェルスクリプトマガジンvol.68 Web掲載記事まとめ

投稿日:2020.09.25 | カテゴリー: コード

004 レポート 暗号通信のTLS1.2以前に脆弱性
005 NEWS FLASH
008 特集1 Windows 10でWSL 2を使おう/三沢友治
020 特集2 高機能CMS Drupal入門/小薗井康志
034 特別企画 量子コンピュータの基礎を知る/沼田祈史、小林有里
046 Raspberry Piを100%活用しよう/米田聡 コード掲載
049 Hello Nogyo!
050 レッドハットのプロダクト/小杉研太 コード掲載
059 中小企業手作りIT化奮戦記/菅雄一
064 法林浩之のFIGHTING TALKS/法林浩之
066 香川大学SLPからお届け!/山下賢治 コード掲載
072 RPA/桑原滝弥、イケヤシロウ
074 Webアプリの正しい作り方/しょっさん コード掲載
084 円滑コミュニケーションが世界を救う!/濱口誠一
086 バーティカルバーの極意/飯尾淳 コード掲載
092 シェルスクリプトの書き方入門/大津真 コード掲載
100 Techパズル/gori.sh
102 コラム「人生の入り口」/シェル魔人

シェルスクリプトマガジンvol.67 Web掲載記事まとめ

投稿日:2020.07.25 | カテゴリー: コード

004 レポート Microsoft社製BASICのソースコード公開
005 NEWS FLASH
008 特集1 まんがで学ぶ自宅ネットワーク入門/麻生二郎
014 特集2 Cisco Webexが実現するテレワーク環境/粕谷一範
022 特集3 PythonとSeleniumを活用 自動操作とデータ分析/川嶋宏彰 コード掲載
035 Hello Nogyo!
036 特別企画 Microsoft Power Platform(後編)/清水優吾
050 ラズパイセンサーボードで学ぶ 電子回路の制御/米田聡 コード掲載
056 レッドハットのプロダクト/杉本拓 コード掲載
064 法林浩之のFIGHTING TALKS/法林浩之
066 バーティカルバーの極意/飯尾淳 コード掲載
072 tele-/桑原滝弥、イケヤシロウ
074 中小企業手作りIT化奮戦記/菅雄一
078 Webアプリの正しい作り方/しょっさん コード掲載
092 円滑コミュニケーションが世界を救う!/濱口誠一
094 香川大学SLPからお届け!/山内真仁 コード掲載
102 シェルスクリプトの書き方入門/大津真 コード掲載
108 Techパズル/gori.sh
110 コラム「ユニケージの本領発揮」/シェル魔人

特集3 PythonとSeleniumを活用 自動操作とデータ分析(Vol.67記載)

投稿日:2020.07.25 | カテゴリー: コード

著者:川嶋 宏彰

最近、プログラミング言語「Python」による自動化やデータ分析が注目されています。本特集では、Pythonと、Webブラウザを自動操作するためのライブラリ「Selenium WebDriver」を用いて、インターネットから取得できるオープンデータを例に、Webブラウザの自動操作方法およびデータ分析方法を分かりやすく紹介します。

シェルスクリプトマガジン Vol.67は以下のリンク先でご購入できます。

図4 非headlessモードのサンプルコード(sample.py)

図7 headlessモードのサンプルコード

図24 Seleniumを用いた気温データの自動取得プログラム

図27 e-StatのAPI機能を利用した家計調査データを取得するプログラム

ラズパイセンサーボードで学ぶ電子回路の制御(Vol.67掲載)

投稿日:2020.07.25 | カテゴリー: コード

著者:米田 聡

シェルスクリプトマガジンでは、小型コンピュータボード「Raspberry Pi」(ラズパイ)向けのセンサー搭載拡張ボード「ラズパイセンサーボード」を制作しました。最終回は、前回作成したスクリプトによって記録された温度と湿度をグラフ化して、Webブラウザで閲覧可能にします。

シェルスクリプトマガジン Vol.67は以下のリンク先でご購入できます。

図1 サンプルのHTMLテンプレートファイル(~/webapp/templates/hello.html)

図2 サンプルのWebアプリケーションスクリプト(~/webapp/hello.py)

図4 トップページのテンプレートファイル(~/webapp/templates/index.html)

図5 テンプレートファイルからトップページを作成するスクリプト(~/webapp/app.py)

図8 グラフを表示するページのテンプレートファイル(~/webapp/templates/graph.html)

図9 app.pyに追加する関数

レッドハットのプロダクト(Vol.67記載)

投稿日:2020.07.25 | カテゴリー: コード

著者:杉本 拓

「Red Hat Integration」はアプリやデータの連携を実現するための、インテグレーションパターン、API 連携、API管理とセキュリティ、データ変換、リアルタイムメッセージング、データストリーミングなどを提供するオープンソース製品です。同製品には多くの機能が含まれていますが、本連載ではその概要と一部の機能を紹介します。

シェルスクリプトマガジン Vol.67は以下のリンク先でご購入できます。

図18 二つのdependencyを追加する

図19 「AvroRegistryExample.java」ファイルの内容

図20 「price-schema.avsc」ファイルの内容

図21 登録されたAvroのスキーマ

図22 プロパティファイル

バーティカルバーの極意(Vol.67掲載)

投稿日:2020.07.25 | カテゴリー: コード

著者:飯尾 淳

前回に引き続き、筆者らの研究グループが開発したTwitterのトレンド分析システムについて解説します。前回は、そもそもTwitterのトレンドとは何かから始まり、開発者登録をしてトレンドAPIを叩き、そのリストを収集する方法まで説明しました。今回は、トレンドをキーにしてツイートを取得する方法と、ツイート群を対象として共起ネットワークグラフを作る方法を紹介します。

シェルスクリプトマガジン Vol.67は以下のリンク先でご購入できます。

図4 トレンドを収集して分析するプログラムのコード(その1)

図5 トレンドを収集して分析するプログラムのコード(その2)

図6 トレンドを収集して分析するプログラムのコード(その3)

図7 ワードグラフ作成部で出力されるRubyスクリプトの例

Webアプリケーションの正しい作り方(Vol.67記載)

投稿日:2020.07.25 | カテゴリー: コード

著者:しょっさん

ソフトウエアを正しく作るために、エンジニアたちはどんなことを知らなければならないでしょうか。実際のコードを使って、より良くしていくためのステップを考えてみましょう。第7回は、JavaScriptフレームワーク「Vue.js」でアプリを作成し、テストとリリースの方法を紹介します。

シェルスクリプトマガジン Vol.67は以下のリンク先でご購入できます。

図2 Vue.js および各ライブラリを利用するための定義(simple.htmlから抜粋)

図3 Vue RouterのHTMLファイル側の定義

図4 Vue RouterのJavaScript側の定義

図5 認証部分のVueコンポーネントとVue Router定義

図6 認証部分のHTMLテンプレート

図7 請求処理ののVueコンポーネントとVue Router定義

図8 請求処理のHTMLテンプレート

図9 支払処理のVueコンポーネントとVue Router定義

図10 支払処理のHTMLテンプレート

図14 controllers/auth/authentication.tsファイルの追加・改修部分

図15 controllers/auth/authorization.tsファイル

図16 API用のモジュールとルーティング定義

図18 請求処理(/api/expense.ts)

図19 支払処理(/api/payment.ts)

図35 修正した/src/index.tsファイル